鈴木登志雄 (logic)

2022/ 9/30        (日本語 | English

授業(学内)     researchmap(外部)
                            photo by Akira Iwata (2017)
blackboardblackboard       snapshotsnapshot

東京都立大学 理学研究科 数理科学専攻 准教授。博士(理学)(筑波大学 数学研究科)。


最近のおすすめ記事

(2022/ 1/ 1) 『例題で学ぶ集合と論理』第1版第1刷正誤表 を改訂しました。先頭に②がある項目は第1版第2刷(2020年4月1日発行)に反映済みです。

近況

  • (2022/9/30) 以下の講究録論文が出版されました。

    "Weakly balanced multi-branching AND-OR trees: Reconstruction of the omitted part of Saks-Wigderson (1986)" (Ryoya Kurita, Taira Shimizu, and Toshio Suzuki)

    RIMS Kôkyûroku No.2228 (2022), pp.148--167.

    In: NingNing Peng, Kazuyuki Tanaka, Yue Yang, Guohua Wu and Liang Yu eds., Computability Theory and Foundations of Mathematics Proceedings of the 9th International Conference on Computability Theory and Foundations of Mathematics The 9th International Conference on Computability Theory and Foundations of Mathematics, Wuhan, China, 21 – 27 March 2019, pp.97-121, World Scientific, Sigapore (2022).

    DOI (of the proceeding book) https://doi.org/10.1142/12917

    これは以下の論文の続編です。"Solovay reducibility and continuity" (Masahiro Kumabe, Kenshi Miyabe, Yuki Mizusawa and Toshio Suzuki) Journal of Logic and Analysis, 12:2, pp.1-22 (2020).

  • (2022/ 8/ 1) ゲーデルと20世紀の論理学(1) 増刷になりました。 ゲーデルと20世紀の論理学(1)ゲーデルの20世紀 田中一之 編(田中一之・田中尚夫・鈴木登志雄・飯田隆・竹内外史・八杉満利子 著)、東京大学出版会、2006年7月刊行。

  • (2022/6/30) 以下の論文が出版されました。

    "Rational sequences converging to left-c.e. reals of positive effective Hausdorff dimension" (Hiroyuki Imai, Masahiro Kumabe, Kenshi Miyabe, Yuki Mizusawa and Toshio Suzuki)

    In: NingNing Peng, Kazuyuki Tanaka, Yue Yang, Guohua Wu and Liang Yu eds., Computability Theory and Foundations of Mathematics Proceedings of the 9th International Conference on Computability Theory and Foundations of Mathematics The 9th International Conference on Computability Theory and Foundations of Mathematics, Wuhan, China, 21 – 27 March 2019, pp.97-121, World Scientific, Sigapore (2022).

    DOI (of the proceeding book) https://doi.org/10.1142/12917

    これは以下の論文の続編です。"Solovay reducibility and continuity" (Masahiro Kumabe, Kenshi Miyabe, Yuki Mizusawa and Toshio Suzuki) Journal of Logic and Analysis, 12:2, pp.1-22 (2020).

  • (2022/ 1/ 1) 『例題で学ぶ集合と論理』の正誤表を改訂しました。

  • (2021/ 7/14) 新刊案内。以下の単行本が出版されました。

    ろんりの相談室 大学1年生の真理値表と体系 ろんりの相談室 大学1年生の真理値表と体系帯 「ろんりの相談室 大学1年生の真理値表と体系」日本評論社。

    [ 内容紹介 ]

    真理値表で消耗しない。体力温存でルールの要点を正面突破。くだけた表現への対策も忘れない。大学1年生の対話形式・論理入門。

    (2021/ 7/29) Amazon で Kindle 版公開。(2021/ 8/12) Amazon の表紙画像直下に数ページ分のイメージを掲載。

  • (2020/12/29) 以下の論文が出版されました。

    "Solovay reducibility and continuity" (Masahiro Kumabe, Kenshi Miyabe, Yuki Mizusawa(*) and Toshio Suzuki)

    Journal of Logic and Analysis, 12:2, pp.1-22 (2020). *:corresponding author.

    DOI 10.4115/jla.2020.12.2

    この研究をめぐるこれまでの活動:

  • (2020/10/15) 以下の論文が出版されました。

    "Independent distributions on a multi-branching AND-OR tree of height 2" (Mika Shigemizu, Toshio Suzuki, Koki Usami)

    Discrete Applied Mathematics, 285, Pages 274-282, 15 October 2020. DOI 10.1016/j.dam.2020.05.007

    プレプリント版:arXiv:1804.06601[cs.DS] (2018).

  • (2020/ 4/ 2)数学セミナー増刊『数学好きな人のためのブックガイド』が出ました。「進路別・数学科1年生に薦める本」の改訂版を収録しています(pp.36--41)。

  • (2019/10/11)以下の論文が掲載決定になりました。 "Communication interruption between a game tree and its leaves"

    In: "Transactions on Engineering Technologies", Springer, 2020, pp.182-193. ISBN 978-981-32-9807-1. The eBook (Oct. 2019) is ISBN 978-981-32-9808-8 https://doi.org/10.1007/978-981-32-9808-8

    国際研究集会で講演した速報版(オープンアクセス): "An AND-OR-tree connected to leaves via communication channels," International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2018, Hong Kong, 14--16 March, 2018.

    論文賞: Certificate of Merit for The 2018 IAENG International Conference on Computer Science.

  • (2019/ 9/25) toshio suzuki 下線付き部分集合の記号 資料「下線付き部分集合の記号はこの頃では用いられないのか」をアップロードしました。部分集合の記号の方言についての記事です。

  • (2019/ 8/ 4) 2019年9月3日午後に東大駒場で「応用論理学」という講演会を開催しました。

  • (2019/ 6/ 3) 新刊紹介。数学セミナー増刊 「大学数学の質問箱」 (日本評論社)が発売されました。 3. 集合・論理の質問箱の中の「「否定命題を作れ」の解法を教えてください」を執筆担当しました。この記事は書き下ろしです。

  • (2018/ 7/11) 以下の論文の掲載巻号が決まり、オンライン出版されました。

    "Non-depth-first search against independent distributions on an AND-OR tree,"

    Information Processing Letters, to appear in: vol. 139, November 2018, Pages 13-17.

  • (2018/ 6/18) 国際研究集会で以下の講演をしました。 "Visualization of set inclusion with gloves,"

    SetVR 2018: In Diagrams 2018, June 18th to 22nd in 2018, Edingburgh, UK.

    論文はオープンアクセスで公開されています: CEUR Workshop Proceedings Vol-2116 (2018)

    toshio suzuki 絵でわかる「ならば」の真理値表toshio suzuki ceur 2116 toshio suzuki 絵でわかる「ならば」の真理値表toshio suzuki ceur 2116

  • (2018/ 4/25) "Forcing complexity: minimum sizes of forcing conditions" (2001)の正誤表をアップデートしました。「主要な学術論文」の項目[5]をご覧ください。
  • (2017/ 8/5-8/7) 数学基礎論サマースクールを開催しました。テーマ「計算理論」,2017年8月5日(土)から7日(月),明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー7階の1073室。 詳しくはここをクリック。(講義資料あり。講演風景の写真を掲載しました(8/22))。

  • (2016/10/ 9) ウェブサイトを新しいドメイン toshio-suzuki-logic.jp に移転しました。いまご覧になっているのは新しい方です。

  • 以下の大学受験生向け進学情報誌に,当研究室の紹介記事が掲載されました。 『栄冠めざしてSPECIAL特集号(理工・情報・生命・環境系)』河合塾/KEIアドバンス,p.17。

著書・一般雑誌記事


toshio-suzuki[at]tmu[dot]ac[dot]jp